ごあいさつ

日本ニッケルハルパ協会会長あいさつ 鎌倉 和子

北欧の人々の暮らしの中には、音楽がとても自然に溶け込んでいます。
それは“誰もが楽しめる”ことを大切にしている温かい音楽です。
楽譜が読めなくても、
今はじめて楽器を持った人も、
小さな子どもも、障害を持った人も、
一緒に楽しもうとする仲間が集えば、
そこには優しい音楽の世界が広がります。

スウェーデンの民俗音楽では、
「間違った音なんて無いよ。みんなで弾けば全部和音!
気にしないで音を出してみようよ。音は多いほど楽しいからね」 
とよく言います。
そこに、すべての人の日々が幸せであることを目指す
"スウェーデンらしさ"を感じるのは私だけではないと思います。


スウェーデンの50クローネ紙幣に描かれている伝統楽器“ニッケルハルパ”。
共鳴弦の響きに特徴があるこの楽器は、
鍵盤を押して弓で弾けば求める音が出るという、
誰もがすぐに美しい音を出して楽しむことができる楽器です。

一度聴いてみて下さい。
湖に吹く風のような、爽やかな深みのある音色です。
一度触ってみて下さい。
複雑に見えるけれど単純な構造で弾きやすい楽器です。


私は、私のように音楽に縁が無く、
弦楽器に憧れるけれど無理だと思って諦めていた人が、
この “ニッケルハルパ” という楽器に出会うことによって
音楽が傍らにある幸せを感じる。
そんな人が一人でも多くなることを願って活動しています。

そして、50才になった時に
言葉も話せないまま飛び込んでいったスウェーデンで、
北欧の人々の優しさに触れ、素朴な生き方に多くの事を学び、
豊かさとは何かと考えるようになりました。
見てきたことや感じてきたことを伝えたいとも思い、
演奏の合間にはいろんなお話をしています。

そんな小さな活動を積み重ねていくことによって、
日本とスウェーデンの文化の交流が広がり、
友好関係がさらに深まることを願って歩んでいこうと思います。

本協会への皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申上げます。

日本ニッケルハルパ協会会長  鎌倉 和子


ニッケルハルパ伝承拠点より Esbjörn Hogmark氏からのメッセージ

ESI(エリック・サールストロム・インスティテュート)創設者 エスビヨン・ホグマルク氏のメッセージ



鎌倉さん、こんにちは。
日本ではじめてのニッケルハルパの協会を立ち上げられると伺いました。
スウェーデンの民族音楽にとって、
そして我々の国民的伝統楽器ニッケルハルパにとって大変喜ばしいことであると、
個人の立場から妻オーサと共にお祝いと尊敬の意を表します。
また同時に、ESI(エリック.サールストロム・インスティテュート)の創立者、理事としての立場から、
スウェーデンの民族音楽活動に関わる全ての人に成り代わってお祝いを申し上げたいと思います。

今後、ESI及びその他のスウェーデン民族音楽団体が、
みなさまとたくさんの交流を重ね、
その交流が実り多いものであることを心から願っております。

ニッケルハルパが、どんな国の人々をも惹きつける素晴らしい音色と、
楽器としての機能を持っていることは、
その実績が示すところであります。
また、その時々の主流になる音楽に適応できるので、
混沌とした時代においてさえも世代を越えて生き永らえていくことでしょう。

協会のご発展をお祈り申し上げます。

スウェーデン・ウップランド地方・イッルビーより
エスビヨン・ホグマルク